検索
  • isakoba476

踵を蝶番で開閉して押さえる《楽靴(らくくつ)開発日誌2》

最終更新: 6月25日

サンダルの踵にゴムを付ければ足は安定し踵が滑って転ぶのを防ぎます、しかし脱ぎ履きに手を使わなくてはなりません。

腰曲がり 靴に近いが 届かない (高齢者川柳 小林いっさお) 高齢者は足に手が届きません、ゴムを外す動作は大変です、よろめいて転ぶ恐れが有ります。 そこで、手を使わず脱ぎ履き出来る様に、サンダルの踵に蝶番を付け開閉するようにしました。


ゴムとスプリンッグで開いて止まり、閉じて止まる。


履いて見ると踵を押さえる力が全く弱いことが分かりました。



0回の閲覧

株式会社 アイキのQRコードです。

スマートホンにアドレスを移したり​、お友達にホームページをご紹介くださる時などにご利用ください。

Copyright (C)2010 Aiki Sangyou All rights reserved.